特別控除を受けることができる条件について

特別控除を受けられる条件の一つとして挙げられるのが、売る家を所有している人が自身で住んでいた物件であることです。例えば売る物件に住んでいない場合、特別控除を受けることができないので、通常の算出方法で譲渡所得が決定することになります。

家の模型と小銭と貯金箱その他の条件としては売る相手が親族でないことです。
基本的に不動産会社を利用して購入者を募る人は親族が購入する危険性が少ないので、一般的には親族に売らない人がほとんどです。
しかし、親族に直接譲渡する時は特別控除を受けることができないので、注意が必要です。
また、不動産売却をし、同年に住宅ローン控除などを受けると特別控除を利用することができません。

このように特別控除を受けるためには条件があるので、予め把握しておく実際に控除を利用する時にスムーズに申請ができる可能性があります。
また、特別控除の他にも買い替え特例があるので、その特例を利用することも可能です。特別控除と同様に買い替え特例にも住居年数や所有期間が10年以上であることや、新しく購入した敷地面積が500平方メートル以下であること等の条件があるので、特別控除だけでなく買い換え特例などを利用する人は予め買い換え特例の条件なども把握しておきましょう。


 

関連記事
  • 家を売ることでかかる税金の控除について知ろう
  • 特別控除について
  • 不動産会社に税金のことを相談しよう
  • このエントリーを Google ブックマーク に追加
    Pocket