家を売ることでかかる税金の控除について知ろう

家を売るために、売り主は様々なことを把握することが求められます。例えば、売り主が把握しておきたいポイントは不動産会社を利用した時にどのような契約を結ぶことができるのかです。

握手実際に不動産では家を売ることを検討している人をサポートしてくれますが、サポートをするためには契約をします。
その契約の形態は複数あります。
例えば、一般媒介契約や専属専任媒介契約、専任媒介契約です。
一般媒介契約を締結すれば不動産物件情報などへの登録が不要です。
また、専属専任媒介契約を締結すれば一社だけにサポートを依頼するので積極性の高い宣伝活動を期待できます。
このように契約形態の選択によっても得られる利点は異なるので予め把握する人もいます。

その他にも把握しておきたいポイントは家を高く売るためにはどのようなことをすればいいのかです。実際に家を高く売りたいと思っている人の多くは自身が所有する土地相場を予め把握したり、業者を選んだりする時は複数の不動産会社をリストアップしてサービスなどを見比べている人もいます。

家を所有するためには毎年固定資産税や都市計画税等の支払いが求められますが、家を売る時にも税金がかかるので、予め把握をしておく人もいます。例えば売買契約をするためには印紙税がかかります。その他にも譲渡所得税を支払う必要がある人も存在します。

特に譲渡所得税に関しては控除を受けることができる人も多いので、今回は家を売る際の税金の控除について紹介します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket