特別控除について

譲渡所得税とは家を売ったことで得られる所得に対する税のことです。実際に譲渡所得は売却価格から購入価格と仲介手数料を差し引いた金額から算出されます。家を売る際には購入価格よりも低くなるのが一般的です。
例えば、家は年数が経過すると築年数が上昇するので、住宅設備などに欠陥が見つかったりする可能性も高くなります。そのため、過去に購入した時よりも値段が低くなる人が多いですが、一方で過去に購入した時よりも値段が跳ね上がるケースもあります。
他には土地価格の上昇があります。数十年前に購入した土地の価格が、現在では高騰して土地価格が高くなるケースは珍しくありません。そのようなケースでは譲渡所得を得ることができる確率が高くなるので、譲渡所得税を支払う義務が生じる可能性があります。

手を合わせて喜ぶ女性
しかし、特別控除を受けることで譲渡所得税の負担を軽減されることや、売り主によっては支払いの必要性が不要になるケースもあります。
特別控除は算出された譲渡所得から更に3000万円を差し引くことができます
例えば、譲渡所得が2000万円と算出された人は特別控除を受けて2000万円の譲渡所得をなくせます。そのため、負担が少なくなります。

しかし、誰しもが特別控除を受けることができるということではありません

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket