不動産会社に税金のことを相談しよう

不動産会社へ相談基本的に家を売る時は法律や控除、家の売却に詳しい人だけではないので、特別控除などを受けたいと考える人の中にはプロの人からアドバイスを得たいと考える人もいます。
実際に家を売るために不動産会社を利用するケースも増えていますが、不動産では家を売るサポートをしているので、売却に関する知識が豊富にあります。
当然、特別控除を受けられるのかや、その他にも控除できる方法があるのかどうかプロの方から伺うことができます。

実際に不動産会社を選択する人の中にはできるだけサポートが手厚いところを選択したいと考える人もいるでしょう。
何故なら売ることでかかる税金に関することや、控除のことなどを詳しく聞ける可能性があります。しかし、不動産会社はあなたが住んでいる地域だけでも複数箇所にあることも珍しくないので、どのような不動産会社を選択すればいいのか分からない方もいます。

アドバイスなど、充実したサポートを受けたい人はその不動産会社の実績などを確認しましょう。売却の実績がある不動産会社を選択すれば今までそのような悩みに対応して経験が豊富にある可能性があるので、アドバイスを仰いだ時に適切な回答を得られる可能性があります。そのため、充実したサポートを受けられるでしょう。

特別控除を受けることができる条件について

特別控除を受けられる条件の一つとして挙げられるのが、売る家を所有している人が自身で住んでいた物件であることです。例えば売る物件に住んでいない場合、特別控除を受けることができないので、通常の算出方法で譲渡所得が決定することになります。

家の模型と小銭と貯金箱その他の条件としては売る相手が親族でないことです。
基本的に不動産会社を利用して購入者を募る人は親族が購入する危険性が少ないので、一般的には親族に売らない人がほとんどです。
しかし、親族に直接譲渡する時は特別控除を受けることができないので、注意が必要です。
また、不動産売却をし、同年に住宅ローン控除などを受けると特別控除を利用することができません。

このように特別控除を受けるためには条件があるので、予め把握しておく実際に控除を利用する時にスムーズに申請ができる可能性があります。
また、特別控除の他にも買い替え特例があるので、その特例を利用することも可能です。特別控除と同様に買い替え特例にも住居年数や所有期間が10年以上であることや、新しく購入した敷地面積が500平方メートル以下であること等の条件があるので、特別控除だけでなく買い換え特例などを利用する人は予め買い換え特例の条件なども把握しておきましょう。


 

関連記事
  • 家を売ることでかかる税金の控除について知ろう
  • 特別控除について
  • 不動産会社に税金のことを相談しよう
  • 特別控除について

    譲渡所得税とは家を売ったことで得られる所得に対する税のことです。実際に譲渡所得は売却価格から購入価格と仲介手数料を差し引いた金額から算出されます。家を売る際には購入価格よりも低くなるのが一般的です。
    例えば、家は年数が経過すると築年数が上昇するので、住宅設備などに欠陥が見つかったりする可能性も高くなります。そのため、過去に購入した時よりも値段が低くなる人が多いですが、一方で過去に購入した時よりも値段が跳ね上がるケースもあります。
    他には土地価格の上昇があります。数十年前に購入した土地の価格が、現在では高騰して土地価格が高くなるケースは珍しくありません。そのようなケースでは譲渡所得を得ることができる確率が高くなるので、譲渡所得税を支払う義務が生じる可能性があります。

    手を合わせて喜ぶ女性
    しかし、特別控除を受けることで譲渡所得税の負担を軽減されることや、売り主によっては支払いの必要性が不要になるケースもあります。
    特別控除は算出された譲渡所得から更に3000万円を差し引くことができます
    例えば、譲渡所得が2000万円と算出された人は特別控除を受けて2000万円の譲渡所得をなくせます。そのため、負担が少なくなります。

    しかし、誰しもが特別控除を受けることができるということではありません

    家を売ることでかかる税金の控除について知ろう

    家を売るために、売り主は様々なことを把握することが求められます。例えば、売り主が把握しておきたいポイントは不動産会社を利用した時にどのような契約を結ぶことができるのかです。

    握手実際に不動産では家を売ることを検討している人をサポートしてくれますが、サポートをするためには契約をします。
    その契約の形態は複数あります。
    例えば、一般媒介契約や専属専任媒介契約、専任媒介契約です。
    一般媒介契約を締結すれば不動産物件情報などへの登録が不要です。
    また、専属専任媒介契約を締結すれば一社だけにサポートを依頼するので積極性の高い宣伝活動を期待できます。
    このように契約形態の選択によっても得られる利点は異なるので予め把握する人もいます。

    その他にも把握しておきたいポイントは家を高く売るためにはどのようなことをすればいいのかです。実際に家を高く売りたいと思っている人の多くは自身が所有する土地相場を予め把握したり、業者を選んだりする時は複数の不動産会社をリストアップしてサービスなどを見比べている人もいます。

    家を所有するためには毎年固定資産税や都市計画税等の支払いが求められますが、家を売る時にも税金がかかるので、予め把握をしておく人もいます。例えば売買契約をするためには印紙税がかかります。その他にも譲渡所得税を支払う必要がある人も存在します。

    特に譲渡所得税に関しては控除を受けることができる人も多いので、今回は家を売る際の税金の控除について紹介します。